相続は「死亡」によって開始します。
なおこの「死亡」には失踪宣告も含まれます。

相続が開始(被相続人が死亡)するとその人に属した一切の権利義務を相続人が承継します。

そのため、不動産であれば相続人への移転登記、車であれば登録変更、口座の凍結、相続税の納付など様々な手続きが必要になります。

相続人も一人ではないケースが多く、各々の利害関係や、被相続人との付き合い方など色んなバリエーションが考えられますので、通常複雑になります。

争いの予防策として、遺言や生前贈与などが考えられます。
被相続人の意思を尊重して、争いを防ぐ意味があります。
法律で「妻は財産〇〇です」「子は財産〇〇です」と決められているのは、あくまで基本的ルールなのです。
個々のケースで法律が全て解決出来るとは考えにくいですし、法律に穴があることも多いでしょう。

その点、協議の段階で、専門家などのアドバイスがあると全く見えなかった解決策が少しずつ見えてくることもあると思います。

相続分野において、専門家が活躍し、TV番組などでも解説などを求められているのはそのためです。

韓国人の方の相続に必要な本国証明書はコチラをご覧ください。