ある人が亡くなり(被相続人と呼ぶ)、その人に属した一切の権利義務を承継する者を相続人と呼びます。
相続人には、被相続人と血族関係があることによって相続権が与えられる「血族相続人」と、被相続人の配偶者であることによって相続権が与えられる「配偶者相続人」がいます。

血族相続人の順位
1, 子
2, 直系尊属(父母、祖父母など)
3, 兄弟姉妹
となります。

順位の考え方は、1がいない時は、2に。さらに2がいない場合は3に順番に降りてくるという事です。
相続手続きにおいては、その相続のルールをある程度頭に入れておかなければなりません。