相続欠格とは法律で定められた行為をしたために、その者の相続権を失わせる制度です。
相続欠格事由は1~5です。

1, 故意に被相続人または相続人について先順位もしくは同順位にある者を死亡するに至らせ、または
至らせようとしたため刑に処せられた者
※「故意に」とありますので、過失致死傷害致死の場合は含まれないという判例が出てます。
※執行猶予が付され、猶予期間を終了した場合も含まれません。

2, 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者
※是非の弁別の出来ない者、加害者の配偶者および直系血族は除かれる。
(告訴・告発の出来ない者およびそれを期待し難い者を除く趣旨です)

3, 詐欺または強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、または変更する
ことを妨げた者

4, 詐欺または強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、または変
更させた者
(上記③、④は相続に関する遺言に対する相続人の不当な干渉に対して制裁を加えることによって、
被相続人の遺言の自由を保障するためだそうです)

5, 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者
※隠匿も自己に利益を得る目的ではなく、自己に相続が集中すると親族が争うので、それを避けた
いと思って、やった場合は欠格事由にならないという判例があります