自筆証書遺言は、遺言者が遺言書の全文、日付、氏名を自筆し、これに押印する必要があります。
一つでも要素が抜けると無効になってしまいます。

パソコンなどでの記入は無効です。あくまで「自筆」です。
自筆証書は遺言の形式の中で、最も簡易であり、費用もかからないためよく利用されていますが、反面紛失、隠匿、改変しやすいという欠点があります。

無効要因についても注意が必要です
注意点
必ず本人が全文自書してください
・パソコンの使用
・他人が書いた場合、他人に口述筆記させた場合は無効です。

日付を自書してください
・日の記載がない場合
・年月の後に「吉日」とだけ書いているなど明確でなければ無効です

氏名を自書してください
・ペンネームの場合でも、遺言書の内容その他から本人の同一性が認識できる程度の表示がなされていればOKという
判例がありますが、キッチリ書きましょう。

押印
・認印や拇印でもいいですが、実印が望ましいです。

その他自筆証書遺言のデメリットとして
家庭裁判所の検認の手続きが必要になります。
相続人などの遺言の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、家庭裁判所に提出して検認を請求しなければならないのです。
 
これは公正証書遺言では不要な手続きです。

遺言書を家庭裁判所に提出することを怠り、その検認を経ないで遺言を執行し、家庭裁判所以外の場所で開封した者は5万円以下の過料に処せられますから要注意です。