遺言は以下の例外を除いて、基本的には誰でもできます

遺言が出来ないもの
例外① 15歳未満のもの
(未成年者であっても15歳に達していれば遺言出来ます)

例外② 成年被後見人が本心に復した場合は、医師二人の立合いがなければ効力なし

ただし、必ず法律に定める方式に従わなければならないのです。反した場合は、その遺言は無効になってしまいます。
有効な遺言が複数存在する場合は、最後のものが優先されます。
有効な遺言が複数存在する場合