遺産分割協議や遺言書で預金債権を相続した場合でも、銀行実務の取り扱いでは、払戻請求書を提出しないと払い戻しに応じてくれないのが通常です。

その場合、なんとか遺産分割協議書に相続人全員の印鑑を押印してもらったのに、再度払戻請求書に押印が必要になるということもあり得ます。

基本的には、相続人には遺産分割協議の合意内容通りに履行する契約上の義務がありますが、そこは人間関係などが絡みますので、スムーズにいかない場合も想定しなければなりません。

相続財産を確定させた後、その財産をどのように処理するか(自動車なら名義変更、不動産なら登記変更など)全て明確にして相続手続き一切をすすめていくことが重要です。