自筆証書遺言中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記し特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力がない(民968Ⅱ)

要するに遺言書を訂正するときには、厳格なルールがあり、そのルールに従わなければならないということです。
ルール
1、遺言書に文字を加入する場合は遺言者の印を押し、削除・訂正の場合は原文が判読できるように2本線で消して、変更の文言を書き入れる
(塗りつぶしたりしてはいけません)
2、変更の文言を書き入れた部分に、遺言書に押印した印鑑と同じものを押す
3、変更した部分の左部または上部欄外に「本行〇字加入〇字削除」と付記する
4、3,の箇所に、遺言者本人が署名する

ルールに従った変更でない場合は、変更はなかったものとして扱われます
⇒ しかし遺言が無効とはなりません。遺言の効力には影響を及ぼさないものとされています

上記のように訂正は厳格なルールがありますから、遺言書の大幅な訂正がある場合は、新たに遺言書を作り直した方がいいでしょう。