答えはNOです。

資産は自宅以外しかないから、遺言書なんて書いても仕方ないと思われている方も結構いらっしゃいますが、それは誤解です。

相続人が複数存在する場合に、その唯一の財産である自宅(不動産)が遺産分割の対象になるのです。
相続人全員が現在同居されている方(妻)に、その不動産を相続させることに同意すればいいですが、仮に同意しなかった場合で民法の規定に従って財産を分けた場合、不動産が相続人全員の共有になるか、不動産の共有状態が不都合な方もいらっしゃるでしょうから、現金化してそのお金を分割するという流れになるかもしれません。

ですので、唯一の財産である自宅を妻に相続させる遺言を残すことは重要なのです。

遺言書作成にはある程度の費用がかかりますが、自分の死後のトラブル防止のためには、必要な手続きであり、出費であると言えます。